活動に参加する

大家さんの募集

保証人なしで家賃協力をしてくださる大家さん募集

児童養護施設・里親家庭の子供が18歳になると直面する問題

現在18歳になると、児童養護施設や里親の家庭から出なければならず、自立できなければ貧困に陥る。

児童相談所が、引き続き里親の元に暮らし続けることを確約しなかった為。

施設を退所する子供たちがアパートや携帯電話を契約するとき、親の代わりに、施設が契約書に署名する事があるが、
民法では未成年者は、保護者の同意がなければ契約行為ができないが、虐待を受けるなどで親に頼れない子供もいる。


就職支援企業の募集

初代タイガーマスク基金では、職親企業になってくださる企業様を募集しています。

職親企業とは

職親とは、施設を出た子供たちに、仕事を通じて社会の仕組みを教えてくれる人です。
職親企業さんとは、企業全体で職親になって頂き、支援にご協力いただける企業様です。

職親企業の条件

住居の提供をよろしくお願い致します。

職親企業一覧

  • (株)長栄精密 【印刷機械部品製造】
    山形県山形市  代表取締役 太田 芳男様
  • ダイドードリンコ(株)東京営業部 【自販機ドライバー】
    東京都新宿区  シニアマネージャー 三溝 義之様
  • (株)トータルリフォームサービス 【浄化設備工事営業】
    栃木県小山市  代表取締役 渡邊 眞知夫様
  • (株)岡田工業所 【給排水、衛生空調工事、設計施工】
    千葉県柏市  代表取締役 岡田 勇様
  • 社会福祉法人「幸生会」 【高齢者、障害者、児童の各福祉事業】
    宮城県仙台市  理事 鴇田 利広様
  • Dr.ストレッチ 【ストレッチマッサージの施術師】
    東京都渋谷区  代表取締役 馬場 大介様

子供たちを救う寄付

皆さまのご協力をお待ちしています。

初代タイガーマスク運動では、物理的な寄付も行いますが、それ以上に、人の温かさや温もりといったものをもつことの大切さを、活動を通して教えています。

支援することとは、他人の人生に関わり影響を与えることにもなりますので「責任」があることだと認識してください。単に何かをあげる、与えることではありません。
支援される側の癒し、そして成長、進化へと向かうような関わり方や与え方を一人ひとりが考え行動することが、ますますこれからは重要となってきます。

「誰かが困っていると助けたい」という気持ちになるのは、人間の本能的、根源的なものです。
しかし、助ける、つまり与えるということは物質的、精神的にも自分にないものを与えることはできません。
もっと多くのものを与えることができるように、支援をする私たちももっと自分の器を大きくしていくことが大切なことだと思っています。

現在、初代タイガーマスク運動本部公認の企業、団体、個人の会員を募集しております。
志をひとつにして活動していくことで、互いに支援し合う人間社会を築けると考えております。

参加して頂くと…


地区長の募集(認定制)

◎ 全国各地区、地域での活動の統率をしていただきます。(マスクを被り、子どもたちの支援活動)
◎ 会員限定マスクの使用許可
代金の一部が基金に寄付されます(シリアルナンバー入り、別途購入)


個人支援 個人登録メンバーの募集

◎会費:無料  (別途登録料1万円)
◎期限 : 一年間 (更新料1万円)
寄付の振込先口座:三菱東京UFJ銀行虎ノ門支店 普通0664974
一般財団法人初代タイガーマスク基金



皆様のブログやHPにバナーを貼って活動を広げて下さい!!


支援に協力していることを是非企業サイトに掲載して下さい!!


就活グッズの寄付

就職活動セット眠っていませんか?

施設を出る子供達には、就職活動に使用するリクルートスーツや靴、鞄といった必要な物を手に入れることが困難です。
一般の子供達の様に、親や身内の人たちが支えてくれるという事も、望む事ができません。

就活が終わり出番のなくなったこれらの物は、施設の子供達の役に立ちます。
ご自宅で眠っている、まだまだ使えるスーツや鞄、靴などを子供達のために是非お送りください。
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-6-1-3階 一般財団法人初代タイガーマスク基金